ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 2015 > 7月
DSC04672-2

思い出したくなかった高校時代

2015年07月30日 [ゆーみんのひとりごと]

(自称「草食系」の三男と次女)
DSC04672-2
 
三男の高校では、年度末になると、
学校文集を生徒が持ち帰ることになっているのだけど、
 
三男高校は、ゆーみんの母校でもあるので、
自身が高校生だった頃を懐かしく思い出しつつ、
その都度楽しみに読ませてもらっている。
 
 
とはいえ・・・
 
文集の内容は、クラス紹介、部活紹介や成績、文化部の作品紹介、
生徒会活動などなど・・・多岐に渡っているにもかかわらず、
 
そこにうちの子たちが登場するのは、
せいぜいクラス紹介でちょこっとぐらいか、
3年生になれば部活動紹介にちょこっと載る・・・かな?程度。
 
あと、文集には、毎年開催される校内マラソン大会の
全校での成績上位20名が掲載されることになっており、
 
もともと持久走が得意だった次男は、
1年生の時に50位以内に入ったため、
2年生の時は、掲載される気満々だったんだけど、
 
大会当日は、疲労骨折のためにヒサンな結果に終わってしまい、
結局、次男の名前が載ることはなかった。
 
ましてや、持久走が大嫌いな三男にいたっては、
とうてい望むべくもないんだけど、
 
ただ、次男も三男もサッカー部だったから、
毎日の練習でそれなりに走ったりもしてただろうし、
そもそもサッカーというスポーツ自体、
はた目にも持久力を必要とされてる気がするんだけど、
やっぱり上には上がいるもんなんだね~
 
 
ゆーみん「とするとよ・・・」
 
ゆーみん「母さんが高校生の時は、
     (マラソン大会で)3年間連続10番以内だったけど。
     しかも母さん、吹奏楽部だったから運動部じゃなかったし。
     もしかして・・・これってすごくない?」
 
次男「それはすごいよ!!」
 
 
あの偉そげな次男に感心されるなんて
そうめったにない事だから、
ゆーみんもまんざらではなかった(^∇^)
 
 
以前にも書いたことあるんだけど、
ゆーみんの小さい頃って、しょっちゅう風邪を引いては、
祖母の家に預けられて一日中寝ていた思い出しかなく、
 
小学校では、遊具が怖くて遊べなかったくらいで、
それはもう極度の運動音痴だったのだけど、
 
それは高校生になっても相変わらずで、
バレーボールの授業では、サーブがそもそも入らないし、
満足にパスもできないありさま (´-ω-`)
 
テニスの授業では、そもそもラケットにボールを当てることさえできず、
ラリーが全く続かないもんだから、相手の子にいつも申し訳なく思っていたし、
もう本当に運動はダメダメだったのだけど(´・ω・`)
 
なぜか?持久走だけは速く、
学年では常にトップ3には入っていた。
 
特に3年生のマラソン大会の時なんか、
終盤まではずっと「トップ」だったんだけど、
 
ぶっちゃけ、マラソンコースを全然覚えてなかったため、
「誰かトップになってよぅ~涙」てな感じで、
自分でもどこを走っていったらいいのかわからず、
 
それでも一本道を走っている間はよかったんだけど、
道が2つに分かれた所で違う方向に曲がってしまったもんだから、
そこで後続の2人に抜かれてしまい、結局3位に終わったのだった。
 
 
ただ・・・
 
持久走にしたって、もとから速い方だったわけではない。
何しろ、ゆーみんのいた小学校の児童は、
総じて「山猿」とあだ名されてたそうだから、
ゆーみんよりも足の速い子はいくらでもいたんだけど、
 
高校になると、いつの間にか
小学校のマラソン大会でいつもトップだった子よりも
ゆーみんは、足が速くなっていたのだった。
 
 
・・・で、この件については、
「それはすごい!!」と、
夫も珍しくほめてくれたのだった。
 
 
ゆーみん「だってぇ~
     マラソンなんてしんどくてヤ!だから、
     さっさと走って終わりたかったんだもん!!」
 
 
夫「いやいや、たったそれだけの理由で
  そこまでの結果が出せたとは思えんよ。」
 
 
ゆーみん「あの当時、私ガリガリでしたからね~
     しかも、出るべき所がぜんっぜん出てなかったし(´・ω・`)
     だからその分、身軽だったからじゃあないですかね~」
 
 
そんなゆーみんの自虐的なコメントには
一切おかまいなしに、さらに夫が言うしに、
 
「運動部でもないのに、
 マラソン大会でそこまでの結果を出すってことは、
 なかなかできることじゃないよ!
 
 これにはきっとゆーみんさんなりの秘けつがあったはずだから、
 それがいったい何だったのか、じっくり思い出してみるといいよ。」
 
 ※夫は基本、ゆーみんのことを
  「名前」に「さん」づけで呼んでいる。
   これまでの記事の中ではたいてい
  「おまえ」呼ばわりしてたけど^^;
 
 
で、夫にそこまで言ってもらえたのだから、
「秘けつ」なんてもの、あったっけかな~?と、
自分の高校時代の頃をあれこれふり返っているうち、
 
「もしかして、これじゃなかろうか?」
 
ってか、確かに「これ」以外には
思い当たらないのだけど・・・
 
なんか思い出した途端、
自己嫌悪に陥ってしまった(´-ω-`)
ホント、思い出して後悔したわ(涙)
 
 
・・・というわけで
 
ゆーみんとしては、この件に関しましては、
もうこれ以上書くのはとても気が進まないんで(´・ω・`)
唐突ですがここで終わらせていただきますm(__)m
 
 
 
 
「秘けつが何だったのか知りたいよ~!」
↓そんなあなたはこちらをクリック♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
 
  

  

1 / 812345...最後 »
FX税金