ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 2015 > 5月
DSC04657-2

三男の家庭訪問で感じた先生との温度差

2015年05月27日 [三男, 学校のこと]

DSC04657-2
四男の家庭訪問の際に先生とのやり取りを通じて
四男の学校生活に若干の不安を覚えたゆーみんだったが、
やっぱ先生は当てにならん(´-ω-`)
実はその前日、三男の家庭訪問があったのだった。
 
 
三男といえば、高校に入学してからも相変わらず
家では ipod 中心の生活をしてきたのだが、
いよいよこの4月で高校3年生になったわけで、
 
三男としても、高校卒業後の進路について、
そろそろ真剣に考えないといけないだろうと思い、
 
「あんたいったいどうするつもりなの?」
と、ipod中の三男に聞いてみたところ・・・
 
三男「まだなんにも考えてない。」
 
 
そんな中迎えた三男の家庭訪問だった。
 
ちなみに、三男の担任の先生の担当科目は物理で、
昨年は、物理で欠点取りまくりの三男だったが、
今の先生の物理の授業はわかりやすい・・・とのこと。
 
実は、家庭訪問の半月ほど前に、参観日があったのだけど、
三男の授業は、物理ではなく数学だったため、
今回、ゆーみんは初めて先生にお目にかかったのだが、
 
まじめな中にユーモアのセンスも感じられる先生で、
「つくづく三男は、担任の先生には恵まれてるよな~」
と、ゆーみんは思ったのだった。
 
 
あいさつをすませたあと、四男の時と同じく三男の先生の方でも
三男と面談をした上での話をされようとしたのだけど、
 
そもそもこっちとしては、三男が何を考えてるかわからない状況で、
あえて先生に申し上げるようなことなんて何にもないわけだし、
ただ先生の話をお聞きするしかないのであった。
 
 
それで、三男の先生いわく、
三男の志望大学は、A大学の工学部らしい。
 
  「それって、模試の時に志望大学を書かないといけないから、
   ただ書いてるだけであって、別に志望してるわけじゃない。」
   って、三男は言ってたんですけど(´-ω-`)
 
「どうも三男君は、環境問題に興味があるようですね。」
との先生の言葉に思わず吹き出しそうになるゆーみん。
 
よく部屋の電気をつけっ放しのまま、
ゲームで寝落ちしてる三男が「環境問題」なんてね~
 
「三男と環境問題」と言われて思いつくことといえば、
うちの屋根に、太陽光発電を設置してて、
時おり子どもたちが、液晶モニターを見ながら
「今これだけ使ってこれだけ売電してる♪」なんて言ってることと、
 
あとごはんの支度をしてる時に、
三男に生ゴミを捨てるように頼むことぐらいか・・・
 
といっても、ごみ捨て場ではなく、
家の鳥小屋に持って行ってもらうだけで、
ついでに「明日の弁当のおかずゲット~♪」とか言いつつ、
卵を取ってきてくれたりもするけど。
 
 
先生「ただ、A大学は難しいので、
   B大学も視野に入れておいた方がいいかも知れません。」
 
 
・・・てな感じで、
先生からのお話はここで一段落したのだけど、
ゆーみんからしたら、そもそもお話の内容自体が
まるで冗談のようにしか思われず、
まぁとりあえず、何かコメントしないとな~と思い、
 
「いえ、もう三男は就職でかまいません。」
 
 
だって三男ときたら、その日は中間テストなのに、
朝学校に行く直前まで「パズドラ」やってるし、
(三男にとっては、この世に「パズドラ」以上の楽しみはないとのこと。)
 
その日、三男の帰りが遅かったので、
いったいどこ行ってたのか聞いてみたら、
友だちと公園に行ってたらしい(´-ω-`)
 
いやあんた、明日もテストやろ(´-ω-`)
 
 
三男と四男、2人とも同じ高校に行ってるというのに、
かたや四男は事あるごとに「宿題がwww」「週末課題がwwwwwwwww」
かたや三男ときたら、平日は晩ごはんのあとひたすら ipod、
そして休日も、とにかくヒマさえあればひたすら ipod。
 
なぜこうもライフスタイルが違うのか・・・
 
 
 
ホント、前途多難な三男である。
 
先生には「就職でかまいません。」とは言ったけど、
(先生にはあっさりスルーされたけど)
 
高校3年間何も考えずに過ごしてきたような人なんて、
そもそも採用したいとは思わないだろうし・・・
ホント、困ったもんだ(´-ω-`)
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
ランキングに参加しています
 
  

  

1 / 812345...最後 »
FX税金