ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 2013 > 10月
DSC01286-1

「ブログ記事がつまらない」って言われた(´・ω・`)

2013年10月30日 [ブログについて]

DSC01286-1
 
 
ゆーみんのブログですが、
「記事がつまらない!」
って言われちゃいました(-_-)
 
 
あ、でも・・・
 
そういった旨のコメントを
いただいたワケじゃありません。
 
 
何せ、こんなつまらない記事ばっかの
「うす~い」ブログなんかに、
わざわざコメント下さる方って、
そうそうはおられないんで^^;
 
 
批判コメントが来ちゃって
めげておられる方をたまに見かけますけど、
 
ゆーみんからしたら
「ゼイタクな悩みだな~」って
正直、思うんです。
 
 
もちろん、ゆーみんだって、
批判されるのは「や!」だけどね~
 
 
でも、このせち辛い世の中、
誰もが自分のことで精一杯なのに、
 
わざわざその方のブログまでやってきて、
わざわざ記事を読んでくれただけでなく、
さらに、コメントまでさせてしまう・・・
 
その方のブログには、
「それだけのパワーがある!!」
ってことになるわけで、
 
ゆーみんからしたら、
実にすごいことですよ!!
 
 
てなわけで、
 
ゆーみんのブログのこと、
「記事がつまらない」って言ったのは、
何を隠そう、「夫」であります(´・ω・`)
 
 
ゆーみんの文章からは、
 
自分をよく見せたい・・・
人から良く思われたい・・・
 
そんな感じが見え隠れして
今ひとつ、読んでてつまんないんだそうです。
 
 
夫「もっと自分の感情のおもむくまま、
  好き勝手に書いたらいいのに。」
 
 
それと、よく夫からは、
「もっと自由に生きたらいいのに」
って言われたりする。
 
 
えーっ!!
 
だって、ゆーみんのこと、
よく「人の話をちゃんと聞かない。」
とか言うじゃん。
 
ゆーみんが、これ以上好き勝手したら、
トラブりまくるのは、目に見えてるやん。
 
 
夫「ええやん。いっぱいケンカしたらええやん。
 僕は絶対に、泣き別れにするようなことはしないから。」
 
で、夫がゆーみんのできてないことを
あれこれ指摘するのは、
 
自分のありのままを認識するためであって、
別に、ゆーみんのことを責めたりはしてないって
 
いつも言われるんだけどね・・・
 
 
夫と結婚してからは、
自分としては、けっこう好き勝手に
やってると思ってるけど、
 
それでも、やっぱり
 
自分をよく見せたい・・・
人から良く思われたい・・・
 
こういった感情にとらわれてるのかもな~
って思う。
 
 
 
だって、母といた頃は、
四六時中、そう考えるのを
余儀なくされていたから・・・
 
 
ゆーみんの両親は、今でも健在で、
父はまじめなサラリーマンだったから、
ゆーみんは、何不自由なく育ててもらったし、
おかげでひもじい思いをしたことはなかった。
 
それどころか・・・
 
ピアノを習わせてくれたし、
塾に行かせてくれたり、
中3の夏休みには家庭教師をつけてくれたりもした。
 
ただ、↑どれも、ゆーみんの「希望」ではなく、
「母親の思惑で勝手に決められた」のがミソ^^;
 
だって、ピアノも塾もしぶしぶ行ってたし、
特に家庭教師が来る日は、
憂うつで仕方なかったですもん(´-ω-`)
 
 
そんなわけで、もしかしたら、
周りからは、ゆーみんのこと、
「苦労知らずの箱入り」
みたいに思われていたかもしれないけど、
 
物心ついた時から、結婚するまで、
ゆーみんの心は、いっときたりとも
平安ではなかった。
 
 
「いつ、親に見捨てられるかわからない」
 
そう思ってたから・・・
 
 
テストのたびに追いつめる親」で、

 
テストの点が返ってくるたんびに
他の成績のいい子と比べられて怒られてた話を書いたけど、
 
 
母が逆上して答案用紙をビリビリに破ったり、
ランドセルを家の外に放り出されたりとか、
 
夜な夜な、ゆーみんが布団に入ってると、
普段、いかにゆーみんが、
自分たちを失望させているかを
聞こえよがしに父に話してて、
 
聞いてると、もうゆーみんのことなんか
「いらない!」って捨てられちゃうんじゃないか
って考えると怖くてたまらなくなって、
布団の中で、身を固くしながら眠りについたりとか、
 
 
そんな毎日だったんで、
 
「母の思い通りの子でいないと、
 この家には置いてもらえないんだ・・・」
 
そう思ってきたんだけど、
 
 
「だったら、こんな家、
 さっさと自立して出ていきゃいいじゃん!」
 
とは思えなかったところが
ゆーみんの情けないところ(´・ω・`)
 
 
だって、実の親にここまで怒られちゃうんだから、
こんなダメ人間を受け入れてくれる人なんて、
他にはゼッタイいやしない・・・
 
だから、家を出る勇気もなかった。
 
 
ダメ人間のゆーみんにできることは、
ひたすら母親のご機嫌を取って、
この家にいさせてもらうことで、
 
それ以外の方法があることさえ
思いつきもしなかったもんですからね~
 
 
でも、物心ついた時から、
母には怒られてばっかで、
 
 
だから、当時のゆーみんの人生最大の命題は
 
いかに母に機嫌よくなってもらうか。
いかに母に怒られないようにするか。
 
↑につきるのですが、
これがなかなかむずかしい(´・ω・`)
 
 
だって、どれだけ考えても考えても、
どうやったら母の機嫌がおさまるのかが、
結局のところ、まったくわからなかったんです。
 
もう、どうやっても怒られるんで・・・
 
 
で、いつもいつも母のご機嫌取りをしているうちに、
 
ゆーみん自身は
どうなりたいのか?
何がやりたいのか?
 
自分でもわからなくなってしまいました。
 
 
今でもあんまりよくわかりません・・・
 
 
ただ、結婚してからは、
けっこう好き勝手にやってるとは思ってるんですけどね。
 
だって今だったら、
 
嫌なことは「イヤ!」って言えるし、
泣きたかったら泣いてもいいんですからね(*^-^)
 
 
よく夫から、
「いったい何が不満なの?」
って聞かれるけど、
 
不満な時は不満な顔ができることに
もっと感謝しないとね~
 
 
だって、今までは
ありのままの感情を出すことができなかったんだから、
 
まずは、自分のありのままを出せるようになって、
それから、「人に喜んでもらうためには?」ってことを
考えていくようにしたいと思ってる。
 
 
あと、よく夫から、
 
「わかってもないのに、
 わかったフリはしなくていいから」
 
とも言われる(´-ω-`)
 
 
なんか収拾がつかなくなりそうなんですけど、
まぁこんなワケで、
ゆーみんのブログの記事がつまんないのは
きっと、読んでくださる方を意識しすぎて、
 
ついつい、「ええかっこしい」
しちゃってるんでしょうね~
 
 
まぁ、これはこれでしゃあないやろ・・・
 
 
別に記事がつまんなくたって
どうにかなるもんでもないしね^^;
 
それに、批判コメントも来ずにすむし^^;
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
 

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村
 
最後まで読んでくださって
ありがとうございます^^
 
 
(追記)
 
 
今回の記事に、
あたたかいコメントやメッセージくださって
とってもうれしかったです(^∇^)
 
ゆーみんが小さい頃、
辛いと思っても誰にも言うこともできず、
自分の中でため込んでおくことしかなかった・・・
 
そんないろいろな思いを、
今は、こうしてブログに書いて吐き出すことができるし、
しかも、こんなブログをわざわざ読んでくださって、
あたたかい励ましをくださる方がいてくださるし、
 
ゆーみんは、幸せです^^;

1 / 2212345...1020...最後 »
FX税金