ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 健康について > 病院は嫌い
Image118-1

がん検診

2014年01月20日 [, 病院は嫌い]

夫と、市のがん検診に行ってきた。
 
夫が受けたのは、
肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん、
肝炎ウイルス検診、腹部超音波検診。
 
ゆーみんが受けたのは、
肺がん、胃がん、子宮頸がん、乳がん、
肝炎ウイルス検診、腹部超音波検診。
 
 
前日の午後9時以降は、絶食。
水かうすいお茶のみ、200ccほど飲んでいいらしい。
 
 
当日は、長女の参観授業に行ってから、
2人で、検診場所まで車で出かける。
 
 
ゆーみんは、がん検診は、
結婚以来・・・っていうか、
生まれて初めてである。
(子宮がんは、妊娠中の検診でやったかも^^;)
 
 
何せ、次から次へと子どもが生まれるもんだから、
長年、1人で外出することがかなわなかったし、
 
あと、四男が小学校を卒業するまでは、
毎週毎週、サッカーの試合やらで忙しく、
なかなか思い立つことができなかった。
 
 
それでも、3年ほど前に、
「特定検診」だけは、受けてみたことがある。
 
でも、ゆーみんは、結婚前と体重が変わってないんで、
「メタボ」とは診断されず、あんま意味なかった。
 
 
 
今回の検診は、市の施設でやったんだが、
建物のそばに、たくさんの検診車が集結していて、
各検診ごとに、専用の検診車の中に入ってやるらしい。
 
 
受付をして、清算を済ますと、
まず、肝炎ウイルス検査のための採血をして、
(意外とたくさん採られた。)
 
その後、係の人が、比較的空いている検診車に誘導してくれて、
持ち時間もなく、意外とスムーズに進んでよかった。
 
ゆーみんたちは、受付終了30分ほど前に行ったのだが、
2時間近く前に受付を済ませた人と、
終了時間がほとんど変わらなかったらしい。
 
 
最もゆううつだったのが、「胃がん検診」。
バリウムを飲まないといけないから(´・ω・`)
 
 
実は、結婚当初、腸の具合が悪かったんで、
近くの大病院で診てもらったことがあるんだけど、
 
その際に、バリウムを飲むよう言われ、
当時のゆーみんは、途中でむせて最後まで飲みきることができず、
結局、検査できずじまいだった思い出がある。
 
 
だいたい、胃腸の具合が悪いのに、
「バリウム」飲ませるなんてねー、
そりゃ酷っちゅうもんやろ(´-ω-`)
 
 
だから、ゆーみんは、
病院が大嫌いである。
 
 
で、今回の検診でも、
「バリウム、ちゃんと飲めなかったらどうしよ(´-ω-`) 」
と、かなり心配だった。
 
 
・・・で、いよいよ「胃がん検診」。
 
 
まず、「発泡剤」と称した粉を、
バリウムで一口飲んで胃に流し込み、
その後、残りのバリウムを少しずつ飲んでいき・・・
 
何とか飲みきることができた(^∇^)
 
 
後で、夫も言ってたけど、
「以前よりバリウムの量がかなり少なくなってない?」
それこそ、以前の半分くらいの量だった。
人間に優しいように、医学が進歩してるんだね(*^-^)
 
 
あと、めっちゃビビッたのが、
乳がん検診でやった、「マンモグラフィー」ってやつ。
 
装置の前に、ほっぺたを押し付けられ、
板状のもので、胸を思いっきり挟まれたもんだから、
「ヤバイ、つぶされるー!!」ってこわかった。
 
夫にそう言うと、
「胸ないのに、挟めれたんか?」って、
よけいなお世話じゃ(´-ω-`)
 
 
それと、「腹部超音波検診」。
お腹にゼリーを塗ったくられて、その上から機械を当てて、
お腹の中の臓器などの様子を見るらしい。
 
「これは、妊娠検診で経験済み♪」って軽く考えてたら、
 
ギューギュー押し付けながらやるもんだから、
特に横腹のあたりは、くすぐったくてたまらず、
あれはあれで、なかなか苦痛だった(´・ω・`)
 
 
そんなわけで、検査は無事終了。
 
検診結果については、
約一ヵ月後の説明会で渡してもらえるらしい。
 
何ともなきゃいいけどね^^;
 
 
お昼は、夫といっしょに、
口コミでおいしいと評判の「うどんや」に(^∇^)
 
夫は「釜揚げうどん」
ゆーみんは、「うどんや」にもかかわらず、
なぜか「ご当地ラーメン」。
 
で、互いに味見しあうことにした。
 
Image118 
「ご当地ラーメン」は、
魚で出汁を取り、動物性のものは一切使ってないとのことで、
お好みで、こしょうと、レモンの絞り汁をたらして食べてみる。
 
検診のため、朝から何も食べてなかったんで、
スープがすごくあっさりとしてるのが、
すごくありがたかった(^∇^)
 
うどんは、のばしたたねを、
ヌードルマシンみたいなのに入れていき、
カットしたのをそのまま鍋に入れてゆでていたせいか、
麺に弾力があって、なかなかよかった(^∇^)
 
 
 
その夜、次男は7時半頃に帰ってきた。
 
その日も、次男は「家で食べる。」と言う。
 
センター試験なう」では、大したもん作らなかったため、

今回は、センター試験最終日だから「ごちそう」にしようと思い、
みんなで「インスタントラーメン」を食べた。
 
(前日の「もち」同様、子どもたちに作ってもらう♪) 
 
 
ゆーみん家では、
「インスタントラーメン」なんて、
月に一回食べるか食べないかなんで、
 
 
ゆーみん家では、
「インスタントラーメン」だって、
りっぱな「ごちそう」なのである(`・ω・’)
 
 
  

1 / 512345
FX税金