ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 夫婦のこと
DSC04675-1

夫に「爪の垢を煎じて飲め!」って言われた(´・ω・`)

2015年06月25日 [, 夫婦のこと]

(ゆーみん家の梅)
DSC04675-1
 
夫との雑談で、何のきっかけかは忘れたけれど、
ふと、夫の大学時代の友人のAさんの話になり、
(ゆーみんはAさんとの面識はない。)
 
それで夫がAさんについて言うしに、
「あいつはいつも冷静で少々の事では動じないから、
 麻雀もけっこう強かったな。」
 
 
恥ずかしながらゆーみんは、
これまでの生涯で麻雀を一度もやったことがなく、
なので麻雀のルールはおろか、
遊び方だってさっぱりわからないんだけど、
 
ただ、夫の話を聞きながら思ったのは、
ゆーみんのような、日常のささいな事でさえ、
しょっちゅう動じまくりの人間には、
麻雀は向かないだろうな・・・ってことで、
 
ふとそんなことを考えたついでに、
ゆーみんのこれまでの人生を振り返ってみたら、
実にささいな事にビビリまくりの毎日で、
  
とくに大学時代、大勢の聴衆を前にしても、
全く怖じることなく堂々とピアノを弾く同級生たちを憧れの目で見つつ、
「自分とはそもそも人種が違うのかも(´・ω・`)」
とさえ思っていたことまで思い出してしまい・・・
 
「Aさんって人、すごいな!
 私も物事に動じない人間になれたら・・・」
 
それで思わず、
 
「私、Aさんの爪の垢でも煎じて
 飲んでみたらいいのかも・・・」
 
そう、ゆーみんが何気なく言ったところ、
すかさず夫、
 
「お前、何言よんぞ!
 それなら俺の爪の垢を煎じて飲め!」
 
で、さらに夫が言うしに、
 
「僕ほど物事に動じない人間っておると思うか?」
 
 
まぁ確かに・・・
 
ゆーみんは、人づきあいがダメダメだから、
交友関係はめっちゃせまいわけだし、
それに、世の中には本当にいろんな人がいるだろうけど、
 
それにしても、ゆーみんのようなやっかいな人間と、
かれこれ25年もの間、離婚もせずにつき合える人なんて、
そうそういるわけがないと思うにつけ、
我が夫ながら「すごい!」の一言につきる。
 
 
だってね・・・
 
以前、中学時代につき合ってた子にフラれたことを書いたけど、
だからといってやっぱ、持って生まれた性格とか習慣なんかは、
そう簡単には改めることはできないわけで(´・ω・`)
 
 
実は、夫との結婚以来、
例のフラれた件とは比べ物にならないくらいのことを
ほぼ毎日毎日やってきたにもかかわらず、
そんなゆーみんの数知れない「奇行」にも一切動じることなく
ここまでつき合ってもらっていることを思うたび、
夫の寛大さに頭が下がるのである。
 
だってフツーなら、ゆーみんのような人間は、
とっくに愛想をつかされて離婚されてるか、
あるいは家族に精神病院に入れられたあげく、
自殺してたんじゃないかと思うから。
 
 
あ、そういや、
これ書いてて気づいたんだけど、
結婚して25年目ってことは・・・
今年は「銀婚式」にあたるのかな?
 
だとすると、今年の3月3日がそれに該当してたんだけど、
それらしいこと、何にもやってない・・・
って、銀婚式に何にもしないのって、
もしかしてうちだけ?
ま、別にいいけど^^;
 
 
とまぁ、そんなわけで、
ゆーみん夫婦の結婚生活が何とか続けられているのは、
ひとえに夫の物事に動じない性格のおかげだし、
それはそれですごくありがたいことだし、
 
だからゆーみんだって、ちっとは夫を見習って、
ささいな事をすぐに大げさに騒ぎ立てててしまう、
この性格を直した方がいいとは思ってはいるんだけど、
(ついでに忍耐力があまりにもなさ過ぎるのも・・・)
 
 
ただね・・・
 
あまり露骨には言いたくないんだけど、
例のあの黒いヤツに思いがけず遭遇しちゃって、
「キャーッ!!」って悲鳴を上げることぐらい、
大目に見てくれたっていいじゃん(´・ω・`)
 
・・・って内心思う。
 
だってゆーみん、
虫はニガテなんだし(´・ω・`)
 
 
・・・なのに夫ときたら、
 
「ホイホイを置いておけばいいだけの話。
 たかがそれぐらいのことで騒ぐんじゃない(´-ω-`)」
 
 
 
例の黒いヤツのことを書いていたら
ふと思い出したことがある。
 
あれは、長女が3歳くらいの頃だったか、
家の中にハエがいるのを見つけたので、
ちょうど止まっているところを
ハエたたきで叩こうとしたら、
 
「ぼく、ハエ好きなんよ。」
 
そう、長女から何度も言われ、
仕方なく叩くのを断念したのだった。
 
あと、自分の背中に止まっているハエを指指して、
 
長女「ハエをおんぶしとんよ。」
 
で・・・
 
「やっぱ長女は夫に似たんだな・・・」
と思った次第。
 
(ちなみに長女は、男4人の後に生まれたせいか、
5歳頃まで自分のことを「ぼく」と呼んでいた。)
 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
ランキングに参加しています
 
  

  

1 / 41234
FX税金