ゆーみんのぐうたら育児日記

子ども6人のうち5人を自宅出産。 家事も人づきあいもダメダメなゆーみんの育児ブログ

ゆーみんのぐうたら育児日記 > 料理や食べ物のこと > もちつき
DSC03093-2

もちつきのおぼえがき

2014年01月05日 [もちつき]

DSC03093-2
 
昨年の年末(といっても、ついこの前だけど)に
もちつきをしたんだけど、
 
また、次やるときのために、
覚書を書いておこうと思う。
 
 
まず、前日にやったこと。(やってもらったこと)
 
納屋(もちをつく場所)の掃除や、
臼やガスコンロ(業務用のデカイ奴)、杵やむろぶたなどの準備は、
長男が段取りしてやってくれた。
 
 
もち米は、AさんとBさんから、それぞれ30キロ購入。
うち、Aさんの分30キロ、Bさん20キロ分を精米。
 
 ※「コイン精米所」にて、「上白」で精米。
 ふだん食べるお米は、いつも「8分搗き」にしている。
 
 
さらに、うるち米(家で収穫した分)20キロを精米。
 
 ※もち米と混ぜて、「おふくもち」にするため。
 夫の大好物・・・っていうか、夫は基本おふくもちしか食べない。
 もち米と普通の米を1:1の割合で混ぜる。
 
 
普通のもちと、おふくもち用にそれぞれ分けて、
前日に、米を洗って水につけておく。
 
※水は冷たいし、なかなか大変な作業だから、
すべて子どもたちに丸投げしてやってもらう。
だが、米洗い終了後、次男と四男がアイスを食べるのには呆れた。
 
 
あんもち用に、小豆5キロ使用。
 
ちなみに、これは、
DSC03090-1
 
小豆1キロ分を圧力鍋で炊いた後、デカ鍋に投入したところ。
これに、砂糖カップ7杯分入れて火にかけ、ひたすら混ぜる。
冷めて固まったら、丸める。
 
DSC03092-1
 
小豆5キロ分だから、
この工程を5回くりかえすわけだ・・・
 
でも、ゆーみん「あんこ」大好きだから、
ぜ~んぜん苦になんない(^∇^)
 
っていうか・・・
 
あんもちを飽きるほど作って食べるのが
ゆーみんの子どもの頃からの夢だった(^∇^)
 
先ほどの「あん玉」は、正味小豆1キロ分だが、
(めっちゃデカイよん♪)
子どもたち(ゆーみん含む)が、すでに10個ほどはつまんでいる。
 
 
ガスボンベは、10キロは使うから、
10キロ+α分を、ガス屋さんにお願いしておく。
(チャッカマンを用意しとけばよかった。)
 
 
餅とり粉を準備。
今回は、350グラム入りを6袋買ったが、
2袋と少し余った。
 
 
当日は、朝の6時半頃から始め、
(ガスボンベにコンロのホースをつなぎ、お米を蒸し始めるとこから)
お昼をはさんで、終わったのは、午後6時くらいか。
 
 
ゆーみんの両親が来るのは恒例だが、
今回は、Tさんが子ども連れで来てくださったり、
あと、いとこのY君一家や、長男の友だちが来たりして、
つき手には全く困らなかった。
 
自分よりもちっちゃい子たちが来てくれたもんだから、
娘たちは大喜びで遊んでいた。
 
 
 
お昼は、カレーを用意した。
ゆーみん家の定番は、「ジャワカレーの辛口」である。
ちょっと辛いけど、コクがあっておいしいんだもん♪
 
 
なので、TさんとこやY君とこには、
3歳の子どもさんがいるにもかかわらず、
その日もしれっとした顔で「ジャワカレーの辛口」を出したが、
なんと!子どもさんたちは、しっかり「おかわり」をしていたらしい。
 
※カレーの煮込みやら、ごはん炊きやら、キャベツの千切りなどは、
 すべて四男に頼んでおいた。(もち、後かたづけも^^)
 
 
みんながカレーを食べ始めてから、ゆーみんは唐揚げを作ってたので
すぐには気づかなかったのだが、
キャベツの千切りが不揃いで、まぁこれはこれで美味しいのだが、
これを「ゆーみんが切った」と思われるのは、ちょい恥ずかしかった。
 
キャベツの千切りは、
 四男がやったんです!!!

(↑ここんとこ、すごく「重要」!)」
 
と、大々的にアピールしときゃよかった(´-ω-`)
 
かといって、実際にゆーみんがやったとしても、
どうせこの程度のデキだろうから、
まぁしゃあないか・・・
 
 
つき終わって、樽や、ザルや、蒸し器などを洗うのを
みんながやってくれたんで、後かたづけは思いの外早く終わった。
(亀の子タワシを用意しておけばよかった。)
 
DSC03115-1
 
 
「あん玉」を、例年よりもたくさん作ったにもかかわらず、
おみやげに持たせたりしてたら、
うちに残ったのは、だいたい例年通りの量になった。
 
今回は、なかなかにぎやかなもちつきだった。
また、次が楽しみだな♪
 
 
  

FX税金